ビバ肥溜め | テキトーなヤツのブログ

肥溜めのような人間のブログ

『ウォッチドッグス』リアルなシカゴをハッキングするオープンワールドアクション【PS4】

スポンサーリンク

f:id:Fumigenius:20201008214628j:plain

 

 

おはようございます。宇治そそです。

 

 

高校生の時、友達がやっていたのに影響されて『ウォッチドッグス』というゲームを買いました。

 何故か昔からハッキングに憧れていまして、それが存分にできるゲームということで期待感もすごかったのを覚えています。

 ただこのゲーム、話の内容も重く、操作性も独特でよく分からんまま終わっちゃったんですよね。

 

 

そこで、もう一度プレイしてみたら面白かったのでそれについて書きます。

 

 

目次

 

 

 

ここがGOOD

リアルなシカゴの街で、思う存分ハッキングできる

f:id:Fumigenius:20201008215648j:plain



ハッキングのやり方は実にシンプル。

ハッキングできるオブジェクトに視点を向けて、ボタンを押すだけです。

 

ガス管を爆破したり監視カメラの映像を盗みみたりATMから現金を違法に引き出したり・・・

それが全てボタン一つで手軽にできるわけですから、単純に気持ちが良い。

ハッキングは最初から最後までガンガン使っていくので、この辺の操作性がシンプルなのは嬉しいですよね。

 

 

ストーリーの進行もセキュリティシステムのハッキング等で進行していきます。デバイス一つで街中を操れる感覚は本当に楽しいです。

 

 

f:id:Fumigenius:20201008230747j:plain

 

 

シカゴの街は本当にリアル(行ったことないけど)。夜景も綺麗ですし、一つ一つのオブジェクトもめちゃくちゃ細かいです。VRでコインを集めたりするミニゲーム的なものもあります。

歩いているだけでなんかドキドキしちゃうくらいしっかり作られているし、プレイしていれば大体の地形を覚えるくらいの広さなので、シカゴに愛着が湧きますよね。

 

シカゴ行ったことないんですけどね。

 

 

f:id:Fumigenius:20201008231204j:plain

 

 

バイクや車を盗んだくらいではゴチャゴチャ言われない寛容な街、シカゴ。

 

 

続編よりガバい街、シカゴ

f:id:Fumigenius:20201008221000j:plain

 

 

続編の舞台はサンフランシスコなのですが、本作シカゴの方が警備がガバいです。シカゴはギャングも警察も有能ではあるのですが、サンフランシスコほどではないです。

 

あと、続編ではちょっとカージャックしただけで即通報されていたのですが、基本されません。「オー、カモ~ン!」みたいな仕草をして諦めます。ビニール傘レベルの感覚ですね。

 

カーチェイスも簡単かつ親切なもので、画面上に表示されるタイミングでボタンを押すだけでいいという至れり尽くせり仕様。

 

 

あと強い武器が簡単に手に入ります。いつの間にか握っていたサイレンサー付きの銃は最後までお世話になったレベル。
 

 

 と、簡単な風な書き方ですがそれでもそこそこ難しく、敵は的確にこちらを仕留めようと動いてくるため、緊張感あります。

一部の難しい箇所も、それにあったスキルを一つ習得するだけで楽勝になったりするので、工夫が活きてくるゲームになっていますね。

 

 

ストーリーがシリアス

f:id:Fumigenius:20201008224858j:plain

 

 

主人公であるエイデン・ピアース。39歳。

ダミアンという相棒と一緒にハッキングしまくっていたところ、突然その報復を受けて、当時6歳の娘レナを失います。

11か月後、ダミアンにその事件の秘密を探るためにエイデンは脅され、彼の妹ニッキーは拉致監禁されてしまいます。

 

ストーリーの目的は、エイデンが妹を助けるために、ダミアンの欲しがっている極秘データを入手することにあります。

その過程でエイデンは信じられないレベルの武勇を発揮し、一騎当千の力を持って敵を殲滅していきます

 

 

ctOSというシステムに全てを管理されているシカゴ。当然のように権力者の腐敗は根付いていて、その分様々な"秘密"があります。ギャング、政治家、マフィア・・・。キナ臭いワードが全て盛り込まれたシナリオ。

 

そういった色々な思惑が錯綜している中で、エイデンの苦悩も垣間見えます。

娘の死、妹の安否、そしてシカゴに巣食う巨大な悪・・・。葬ってきた敵の数を見て、自分はこれほど恐ろしい人間だったのかという自問自答を繰り返すエイデン。

 

 

少し複雑な部分や暗い面もありますがマジで面白いストーリーになっています。

あと、テーマがテーマだけにシカゴの暗黒面が思いっきり描写されているので、そういった面も必見ですね。

 

 

f:id:Fumigenius:20201008231618j:plain

 

 

あと本当にいつも言っていますが、謎解きが丁度良い

こういう、イライラするまではいかないストレスを適度にかけてきて、かつ達成感のある謎解きやパズルは、本当に素晴らしいです。

開発者の感じている顔がちらついてしまうような謎解きは、大体がクソなのではないかと思っています。単純に理不尽にすればいいと思ってる系とか・・・。

 

そういうのがないので、安心してプレイできますよね。

 

 

f:id:Fumigenius:20201008231534j:plain

 

 

説明も無しに変な面白くもないミニゲームが始まったりするけど・・・

 

 

ここがBAD

やり直す時に普通にイライラする

f:id:Fumigenius:20201008231508j:plain

 

 

チェックポイントを頻繁に作りすぎるのもどうなのかと思いますが、長い会話やムービーの直後には絶対入れろよ!って思います。

特にこのゲームは慣れていない間は、わけもわからないまま警官に射殺されていたりします。

 

そんな時に、既に見たクソ長いシーンをもう一回見せられたりしたらどう思います?

一回だけならまだいいですよ。三回目から常人なら自決を視野に入れますよね。

 

本作は普通に難しいところに限って、直前のシーンがクソ長いです。正直慣れていない人だったら、いつの間にかビルの屋上に向かってしまうんじゃないかってくらい。

 

 

ただこれは続編では普通に改善されています。

 

 

操作性が独特すぎてPvPをやる気が起きない

f:id:Fumigenius:20201008232951j:plain

 

 

これはワシだけの可能性もあるんですが、あんまりPvPしたくなるような操作性じゃないですよね?(PvP→プレイヤー同士で戦う要素)。

 

本編をやっている時はあまり気になりませんが、これで他のプレイヤーが関わってくる要素なら・・・ゲロ吐きそうになりました。

なので全く手を付けていません。

 

 

これは言いがかりレベルなので、ワシ的なバッドポイント・・・ということで。

 

 

君もウォッチをドッグスしてみないか?

f:id:Fumigenius:20201008233412j:plain

 

 

ウォッチドッグスは「監視役」という意味になるそうです。

街全体を監視するctOS、それを監視するエイデン、それを監視する・・・という無限マトリョーシカ。

 

ハッカーに憧れる人もそうでない人も、一度インフラをハッキングしてみては?

 

 

ほな・・・