ビバ肥溜め | テキトーなヤツのブログ

肥溜めのような人間のブログ

レンタルビデオ屋で働いていたら知らんおっさんにプロポーズされた話【体験談】

スポンサーリンク

f:id:Fumigenius:20200621200453j:plain

 

 

おはようございます。宇治そそです。

 

 

皆さんにはプロポーズの経験はありますか?するにしてもされるにしても相当勇気の要ることですよね。

 

 

 

ワシはおっさんにされたことがあります。

 

 

今回はその時のことを書いていきたいと思います。

 

 

以前、ワシはレンタルビデオ屋でアルバイトをしていました。夜中から朝まで、いわゆる夜勤ですね。

すんごいマイナーなお店だったので、そんな時間帯に人をたくさん配置してくれるハズもなく、ほとんどの時間をワンオペで回していました。

地域柄、犯罪率も高く一人で店内で過ごすのは多少危険でしたが、幸い深夜は気の良い常連のおじいさんとかしか来なかったので、危ない目に遭うことはありませんでした。「AVコーナーが紳士の社交場」はマジです。

 

 

そんなある日、午前 3 時半頃でしょうか。客足も無くなり、いつも通りワシは座ってお菓子を食べながら、スマホで映画を観ていました。

そこに突然、 50 代後半くらいの男性が来店しました。おっさんと呼びます。

 

 

おっさんはすぐに話しかけてきました。何てことのない、映画を探して欲しいという、ビデオ屋で働いていると毎日のように言われること。

 

 

すぐに探してレジに通すと、おっさんが一方的に喋りだした。

「僕は近所のモルモンの教会に通ってるんやけどね」

 

 

急にそんなことを言われてビックリした。まさか勧誘、始まってる?

当時モルモン教を聞いたこともなく、おっさんも入信しているとは言っていなかったんで、本当にただ通っていただけだったのかも知れない。

知れないが、その時は安定のワンオペ、いざという時に頼れる人が周りにいないこともあって、軽く恐怖を覚えました。

 

 

その直後、モルモンの話はどこへやら、探していた映画について話し始めた。

曰く、すごく好きな映画で何度も観ていて、いずれは手元に所有したいと思っているとか・・・。

 

 

正直ものすごくどうでも良かったので、流すように相槌を打つ。やばい奴だった時のために、逃走経路を考えながら・・・。

 

 

 

そしてある時、急に話題が変わる。

 

 

 

「君、僕と結婚せんか?」

 

 

 

ん~・・・?

 

 

おっさんからの唐突なプロポーズ。流石にガチの恐怖に変わっていく。

これは新しい勧誘の手法なのか、それともおっさんがモルモンを隠れ蓑にして、何らかの詐欺に巻き込もうとしているのか・・・。

 

 

「モルモンの教会で式を挙げんか?」

 

 

おっさんは続ける。マジプロポーズだとすると実に斬新な手法だと思う。モルモンを餌にすな。

 

 

ワシはやんわりと断っていく戦法をとることを決め、「いやあ、ちょっと・・・ン無理っ・・・すねェ~・・・」みたいなことをボソボソっと言った。芯から陰キャ。

 

 

するとおっさんは

「そうかそうか。それでこの映画をな・・・

 

 

と、一瞬で映画の話題に戻した。押しが弱すぎる。手あたり次第ナンパだったのかよ。

 

 

一通り喋ったらおっさんは満足してさっさと帰った。お気に入りの映画をレンタルしたことで、ニコニコしながら・・・。

 

 

なんだかどっと疲れたけど、何事もなくホッとした・・・というお話でした。

話としては弱いんですけど、薄暗い店内でおっさんと二人っていう状況は真面目に恐かったです。それ以降そのおっさんとは会わなかったので、多分お気に入りの映画のDVDを購入したのでしょうね。知らんけど。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。皆さんも唐突プロポーズおじさんにはお気をつけ下さい。

 

 

ちなみにおっさんが借りていった映画は「ブロークバック・マウンテン」です。

 

 

ほな・・・。