ビバ肥溜め | テキトーなヤツのブログ

肥溜めのような人間のブログ

ネタバレが怖くてたまらない。対策法を考えてみました。ネタバレは受動喫煙のようなもの

スポンサーリンク

おはようございます。宇治そそと申します。

 

 

この年になっても、お友達の家に行く機会があります。ありがたいことです。友達も少ないので、本当にうれしいですね。

 

 

しかし、ゲーム好きの友達となると話は別です。特に財力と時間のあるゲーム好き。これは危険です。

 

 

そう、ネタバレの危険性を孕んでいるのです

 

 

 ネタバレに対するスタンス

 

 

ネタバレに寛大な人っているじゃないですか。

「してくれて全然オッケーだよ!^^」みたいな。

気になるからむしろしてくれ」みたいな人も出てくる始末です。

 

 

これ自体に関しては特に言うことはありません。強いて言うなら「信じらんねぇ」くらいでしょうか。別に作品に対する姿勢はどんなものでも構いませんし、自由であるべきだと思います。

 

 

しかし、問題なのはその現場に出くわしてしまう可能性があること。しかも結構その場面があること。

そういった場面に出くわしてしまうと、その作品の核心については知らざるを得ません。そういう人たちに限って会話の声がクソデカい

 

 

拷問です。学生であれば、授業中にそういう場面に出くわすと逃げ場はありません。極力聞かないように努めないと死んでしまいます。

僕の経験談ですが、「進撃の巨人」隆盛期にその状況に出くわして、でも授業中ですからイヤホンをすることもできないし・・・。苦肉の策として、特に意味のないことをひたすら考えつつ、耳に力を入れたときに聞こえる「ボフッボフッ」みたいな音をエンドレスで鳴らして事なきを得ました。あれは本当に危なかったです。もう少しで進撃の巨人の楽しみが奪われてしまうところでした(その後すぐあきた)。

 

 

これがもし、人の家なら・・・そしてネタバレされたくないゲームの話をし始めたら・・・いやもう実際に始めてしまったら・・・。

 

 

コワい。外道すぎる・・・。あまりにもひどすぎるでしょう?

 

 

ネタバレは受動喫煙

 

 

ネタバレって、個人的に受動喫煙みたいなもんだと思うんですよね。本人の意思とは関係なく権利を侵害され、それなのに何も刑罰が適用されないんですから。

 

 

個人的に、受動喫煙はクソだなって思っています。普段はそんなに気にしないんですけど、クッサイ煙草吸う人はマジ勘弁だし、あと食事中に許可なく吸う人とかは軽くサイコだなって思います。

 

 

ネタバレはそのレベルなんですよね。でも、ネタバレに抵抗があることを表明するとほぼ必ず心の狭いヤツだと思われて来ましたし、笑いものになってきました。「しょーもね」みたいな。

そういうヤツに読もうと思ってた漫画のネタバレを唐突にされたことがあります。焼き肉の話だったのに急にノータイムで

 

「○○って漫画のヒロイン最後死ぬんやで~」

 

もうこういう防げないネタバレみたいなんが一番どうしようもないです。記憶は抹消できないので後味の悪さだけが残ります。ここまで来るとテロです。

 

 

そういうワケで、国が守ってくれないのであれば自衛するしかありません。一時期は耳栓を持ち歩いていました。大学に入ってから、ある程度は自由になったので有事の際はイヤホンをする予定です、今のところその場面に出くわしていませんが(授業中はみんな静か)。

 

 

ネタバレしそうな人に会ったら、好きなものの話とかは適当にした方がいいです。ネタバレされるので。俺は何度もされた。

 

 

私たちにできる対策

 

 

話を戻します。大事なのは、アンテナを張ることですね。もしネタバレの臭いが漂って来たらピザの話とかであらぬ方向にもっていきます。ジンベエザメの話でも構いません。

あと、ネット上でもそうですね。僕の場合、好きなアニメやゲームを楽しんでいるときはネット断ちします。その昔、ラブなんとか!というアニメが放映されていたとき、全然関係ないブログで壮絶なネタバレをされて以来、それがトラウマになっています。

あとyoutubeも危険です。ファイナルファンタジー15をヴェルサスの時から待ってたんですけど、発売前にPVを狂ったように見ていた弊害で、発売後にネタバレ動画がオススメ動画の欄に紛れこんでしまったんです。俺はこれで最強の武器をネタバレされました。

シリーズものの動画も超危険です。過去シリーズの動画を見ていただけなのに、最新作の決戦動画とかをオススメしてきよります。また、そういったシリーズになると、シリーズ歴代ラスボス集とか、歴代ラスボス秘奥義集とか、はたまたパーティメンバーの秘奥義集とかそういう動画を皆こぞって投稿しますけど、たいがいサムネイルが最新作のラスボスであったり、隠し秘奥義だったりします。ちょっとサイコ入っている感じですね。これは本当に迷惑です。

 

 

あと、意図的にそういう話をしないことも重要です。クリアしてから話題に出すという。近頃は発売前の外国人のリークでストーリーを済ますみたいな信じられないヤツもいますので、少しでも臭わせるとヤバいです。

 

 

それでもどうしてもネタバレされそうなときには、最終手段として体を張りましょう

まず、急に奇声を発します。なんでも構いません。それで注意を十分に引いたのち、ボケます。一発ギャグで構いません。クオリティも高ければ尚良しですが、どんなものでも大丈夫です。

そしてダッシュで逃げます。難しければその場に留まっても構いません。

留まっている場合、ゲームの話どころではないので、しばらくは安泰です。

しかしこれは諸刃の剣です。基本的に社会的信用はなくなると思ってください。自分の好きなものと社会的地位、天秤にかけた上で判断を下しましょう。

 

 

まとめ

 

 

ネタバレは怖いです。作品に対する感情が明確に左右される部分なので、どうしても慎重にならざるを得ません。

 

 

ここから更に、没入できる環境作りも大事になって来るのですが、これはまた別の記事で書きます。

 

 

いかがでしたでしょうか。ネタバレに対するアンテナを張ることは一朝一夕にはできませんので、普段から感覚を研ぎ澄ましましょう。