ビバ肥溜め | テキトーなヤツのブログ

肥溜めのような人間のブログ

おうちがかたづかない・・・僕の考える部屋の片づけの鉄則3条

スポンサーリンク

おはようございます。宇治そそです。

 

 

なんというか、家がめっちゃ散らかってます。部屋ではなく、家です。

 

 

どうしてこんなことに・・・。なんてことを思ったので、備忘録的に書きます、原因と思しきものを。

 

 

 

 

①収納の前に収納を置くべからず。

 

 

これは盲点だったのですが、僕の家のタンスとか本棚の前にはなんか物が置いてあります。もっとひどいときには収納の前に収納が置いてあります。

 

 

これはマジで良くない。「もっと早く気付けよ」って話ですけど、永遠に気付かないよりかはマシですね。

 

 

当たり前の話で、収納の前に物があると物が取り出しづらい。あるいは、取り出せない。そうなると本当にそのスペースは実質死にスペースだと思うんですよね。

僕の家の食器棚の前には机があって、まあ当然下の段の食器は取り出せません。食器棚というより食器倉庫みたいになってる。ぜんぜん機能的じゃないんですよね。

 

 

収納の前に収納を置く人間の家は絶対に部屋散らかってます。もうこれは絶対です。

 

 

置くな!収納のまえに。

 

 

②意地でも捨てない。

 

 

もう絶対使わないもの、ありますやん。でも思い出がなんとなくあるから捨てるのもなんだかなってもの、ありますやん。

 

 

捨てるべきだわ。

 

 

もう使わねえもん。そういうのを置いててもいいのはめっちゃ片付いてる家だけだよ。あるいはすんごい広い家な。

 

 

置いとくんだったら、手近なところではなく、家の最深部付近、もうほとんど行かないような場所に固めて置いておくべき。

 

 

だって使わねえもん。オレはこれに最近気が付いた。遅い。

 

 

使うかも知れないっていう物もどうせ使わないので、安心して奥深くにしまいこみましょう。

 

 

あと、参考書とか資格の本とか、しばらく使わないのなら捨ててOK。そういう類の本はどんどん情報がアップグレードされていくので、必要になった時に最新のを買った方がいいです。でも、自分のバイブルと呼べるような、好きな本は置いといた方がいいと思います。

 

 

これを意識して整理したら、相当身の回りがスッキリしましたね。しまいこんだ本や物も、もともと使ってなかったものなので特に必要にならんし。

 

 

③買わない。

 

 

これが究極です。

 

 

正確に言うと、「もっと吟味して買えや」ってことですね。

 

 

これはキモオタの悪い癖なのですが、好きな作品のグッズはいらん物まで買います。なんか知らんけど欲しいから。好きなコンテンツの関連グッズを目の前にしたキモオタの知能指数は20程度です。

 

 

昔は「ラブなんとか!」という作品に熱をいれていて(今でも好き)、それはそれは熱心にグッズを買っていました。

 

 

クリアファイルやCDを買うために徹夜して映画館に並んだり、コンビニのコラボ商品を買うためにローソン巡りをしたり。

 

 

とにかくあらゆるものを買ってきたんですが、それでも全然買い切れる量ではなかった。当時高校生程度の年齢でしたので、バイト代から捻出するのは大変でした。その上東京でライブをしたり、各地方でツアーをしたりするんですから、今思うと地獄ですよね。

 

 

そのグッズの大半、今邪魔で困ってます

 

 

元々、彼女らの歌や、キラキラした青臭い感情がたまらなく好きだったので、CDやブルーレイ、関連書籍などがあればそれで充分というか、グッズは蛇足なものが多いな、と思いました。

 

 

ふわもこパーカーという、真っ白なカワイイパーカーも持っているのですが、男が着てもたいがいキモイです。着る機会を完全に失ってる感あります。

 

 

やっぱり、好きな作品だからこそ、なんでも買ったらダメなんですよ。そのグッズを捨てる瞬間、自分の思いでを否定してる感覚を覚えます。ホント、落ち込みます・・・。

 

 

でも心を鬼にして捨てましたね。でも別に未練はないもんな。必要な分だけあればいいんですよ。

 

 

ふわもこパーカーはまだ手元にあるけど。

 

 

僕の姉もハマったもののグッズをバーッと買ってはすぐ飽きて、いらなくなったものの処分に困るということを15年ほど繰り返しています。

 

 

本人は「その時その時が楽しければそれでいい」というスタンスですが、共同部屋なので姉の周りが散らかると僕にまで被害が及ぶので、そういうスタンスはできればやめた方がいいと思います。迷惑なので。

 

 

上記のことは例えば食料品でも同じです。僕の家族はけっこう食品いっぱい買って来て、その存在を忘れて結局腐らせるという、飽食の時代極まれりという感じの買い方をしてます。

 

 

散らかるし、お金ももったいないです。太るし。

 

 

あと、本もけっこう無駄に買うわ。家具もそうだな。こう考えるとマジで無駄だわ。

 

 

マジでいらんもんは買わず、いらなかったらすぐ捨てるべきですね。

 

 

おわり

 

 

僕の部屋はすんごい散らかってるので、ギターを弾こうとしてもネックをそこかしこにぶつけてしまうので、ギターが折れるか、オレの心が折れるかのデッドヒートなんですよね。

 

 

天才の机は散らかってるとかいうけど、そんなことないです。人それぞれです。大概の人は散らかってる場所では生産性が落ちます

 

 

本当に、早く片付けにゃあな。